群馬スノーアライアンス株式会社

地域連携で、地域力アップ。
スキー場を地域の観光ビジネスの拠点に。

設立 平成18年(2006)
代表者 辻 隆
所在地 利根郡みなかみ町寺間479-139
資本金 1,000万円
従業員数 14名
TEL 0278-72-6688
FAX 0278-72-6660
HP http://www.norn.co.jp
【経営革新計画のテーマ】

地域との連携によるスキー場を核とした新たな観光ビジネスの創造
~“観光ビジネスの拠点”としてのスキー場への革新~

期間:平成23年10月~28年5月

魅力ある地域づくりで、経営革新を図る。

 群馬スノーアライアンス株式会社は、経営破たんした第三セクターの事業譲渡を受け、平成18年に設立。スキー場「ノルン水上」や「オートキャンパーズエリアならまた」などの運営を行っている。
 スキー&スノーボード人口が減少する昨今、スキー場を取り巻く環境は年々厳しさを増す傾向があり、多くのスキー場が苦境に立たされているという。そんな中、同社は、集客率はもちろん、売り上げもアップし、好調な運営を行っている。
 同社は平成23年から、地域と連携しながら、スキー場を観光ビジネスの拠点にするという経営革新計画を進行中だ。具体的な目標に掲げたのは、「地域内連携による相互誘客・魅力ある地域づくり」、「ターゲット別に徹底した快適性・利便性の追及により最高水準のリピート率を誇るスキー場への転換」、「他業種との連携による顧客サービスの拡大とITを活用した販促手法の構築」、「通年営業可能な体制の構築」の4つだ。

「ノルンみなかみ」スキー場
(写真)「ノルン水上」スキー場
“スキー場+温泉”を楽しむ仕組みづくり。

 「スキー場はもともと地域の雇用や観光を活性化するために作られたもの」と話す清永治慶取締役支配人は、スキー場の存在意義に立ち返り、地域との連携を何より大事に考えたという。
 同社はまず、シャトルバスの運行ルートを変更した。それまでは、水上駅や上毛高原駅とスキー場を結ぶ直通バスだったが、スキーやスノーボードを楽しんだお客様が帰り際に水上温泉を楽しめるように、また、温泉街に宿泊するお客様がスキー場を楽しめるようにと、温泉街を通過するルートに変更した。
 また、リフト券を日帰り入浴の割引券として使えるよう、周辺の温泉旅館と交渉し、仕組みを作った。「みなかみにある温泉の良さを知ってもらうことで、来年は泊まりでみなかみに来ようと思ってもらうきっかけにできたら」と考えてのことだという。スキー場に来たお客様に、みなかみ町の観光資源に足を運んでもらう仕組みづくりに取り組んだ。

地域の中のスキー場という視点が大事と語る清永支配人 みなかみの自然を愛するスタッフたち
(写真上)地域の中のスキー場という視点が大事と語る清永支配人
(写真下)みなかみの自然を愛するスタッフたち
圧雪車と降雪機購入で、安定した運営。

 経営革新計画を策定したことで、金融機関等の信用度が増したことが大きかったという。計画1年目には、圧雪車を購入した。圧雪車は20年も使うと、年間の修繕費に数百万円も必要になるという。「圧雪車を購入できたことで、いいゲレンデが作れるようになった」と清永支配人は話す。また、計画2年目には降雪機を購入した。これにより、予定通りにスキー場をオープンすることが可能になった。雪の量に左右されるスキー場において、オープン日が確定できることは、何よりのことだという。オープンを期待し、宿泊などの予約をとっていたお客様がキャンセルをすることもなくなる。それがまた、周辺の旅館業との信頼関係をより強くするきっかけにもなったという。
 同社は、経営革新計画2年目にして当初の目標数値をすでにクリアした。今後は、駐車場などインフラを整備し、集客率のアップを目指すとともに、軌道に乗っている「すいせん祭り」や夏場のキャンプ場に投資をしながら、地域の核としての存在を高めていくという。

圧雪車 降雪機 春はスイセン畑に

(写真上)圧雪車
(写真中)降雪機
(写真下)春はスイセン畑に

取材こぼれ話

ノルン水上は、4月下旬から5月中旬にかけて、スイセンの花が咲き誇るフラワーガーデンに変貌する。同試みは6年ほど前から行っている。始めた当初は、スイセンを植えたはいいが、お客さんが来ない日々もあったという。今では来場者数も売り上げも当初の2倍以上に。「これもすべて地域との連携を深めたおかげ」と清永支配人はいう。同社では、地域の美化に役立ててほしいと、増えたスイセンの球根を地域に分けている。今では、春になるとみなかみ町のあちらこちらでスイセンの花が咲き誇る。

取材記者の目

19種28万株だったスイセンは、80種100万株に増えたといいます。来年こそ、一面真っ黄色に染まるスイセン畑を見てみたいと思いました。

ページの先頭へ ホームへ